タウンハウスの建築法

ここでは、「タウンハウスの建築法」 に関する記事を紹介しています。
タウンハウスの建築法

日本では最近 挟小地建築が 注目されていますが 
さらに進化した 建て方が タウンハウスと言えます

ヨーロッパの都市部では一般的な建て方のタウンハウスです
日本では京都の長屋が有名ですが
建物と建物の間の空間をなくして その分建物を広く建てられのが特徴です

日本に来られる 外国の人が皆 不思議がるのが建物の隙間です
なぜ無駄なスペースを空けて建てるのか 理解できないと言います

建物の両サイドの隙間をなくして より広い建物を建てる
建築工法がないものだろうか

そこで登場するのが ブリックスの足場ゼロ工法です
鉄筋コンクリート構造で天然石仕上げ付きのユニットを
敷地の内側から施工ができる 唯一の建築工法です

ベルギーの街並み写真image

たとえば 建物の幅(間口)が5メートルの 両サイドに 50センチの 
隙間があったとすると その隙間をなくして 家を広くすることにより 
建物の間口は6メートルになり 20パーセント広い建物が建ちます 
3階建てにすると合計60パーセント広い建物が建てられます

その家の屋上にガーデンを作ると生活面積は
当初計画の2倍の広さの家が建つことになり

都心は土地の価格が高く 土地の面積も小さく
周りの家の高さも 3階建てと高くなって来ています
そして日当たりも良くないのが現状です

同じ土地でもこれだけ 広く家が建てられたら
住まいとしては 満足のいく家が建てられます

そして屋上の庭園は都心では必ず作りたいですね
3階建ての屋上は 4階建ての高さで 
太陽の光も 風も 庭には 小鳥も期待できると思います

ホームエレベーターを付ければお年寄りもバリアフリーで
老後の快適な生活を送れるでしょう

玄関トリアノン

ヨーロッパスタイルの石造りRC建築は都心の街並みに
ひときわ映える建物です

 
詳しくはブリックスのホームページをご覧下さい
お気軽にお問合わせ下さい(設計・不動産・工務店等歓迎)