世界基準の 建築工法

ここでは、「世界基準の 建築工法」 に関する記事を紹介しています。
image_201308112304552db.jpg


日本の住宅は 戦後 住宅戸数を確保するために
質より量の時代に プレハブ住宅が普及した

戦後70年経って 現在は少子高齢化時代 
若い人が減って人口が横ばい
建物の戸数が余って これまでの様な 
大量生産大量販売の 時代は終わった 

東日本大震災を経験して被災地では今 
地震にも津波にも耐えられる

強い住宅が求められている
それは木造でもプレハブでもなく

津波に流されない 強くて耐久性のある 
建築工法が期待されている

建築業界以外の 各分野では技術革新により 
毎年の様に新製品が誕生している 

住宅業界には 革新的な新商品が誕生していない

そこで建築業界にも ヨーロッパの伝統を引き継いだ
新工法 RCU工法が 日本 EU 中国の特許を取得した

この建築工法は 世界にも通用する 
石造りの壁厚250ミリの建物で
津波対策とした建築に適しています
ブリックスのRCU建築工法


お問い合わせはこちらをクリック!

よろしければクリックお願い致します。
人気ブログランキングへにほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ 
にほんブログ村 
にほんブログ村 住まいブログへ 
にほんブログ村
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://clubbrix.blog.fc2.com/tb.php/124-00eb5a2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: