外断熱の家 内断熱の家 両断熱の家

ここでは、「外断熱の家 内断熱の家 両断熱の家」 に関する記事を紹介しています。
未分類 | トラックバック::0 | コメント::0 | Page Top↑
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
外断熱の家 内断熱の家 両断熱の家

三者択一の建築士の試験のようですが
断熱の方法については 色々な説がありますが
正解は一つだけです

簡単な話ですが 建物を人の身体だと思って下さい
建物の構造体のコンクリートを
真夏の炎天下や 酷寒の冬の外に
放置したらどうなるか

結果はすぐに分かります
真夏の炎天下に置かれたコンクリートは50度以上の温度になり
熱くて手ではさわれない位になります

また 真冬の外に置かれた コンクリートは氷のように冷たく
同じく さわれない位に冷たくなります

コンクリートはなにも 喋りませんが
暑さ 寒さで 劣化が早く 寿命は短くなります
裸の状態のコンクリートには 保護するものが必要です

人間のように 真夏日には日焼けをしないように
衣類を身に付け 真冬には 防寒具を身につけます

すなわち 構造体のコンクリートの外側に
断熱材で保護するわけです

それに対して内断熱の家は 構造体のコンクリートを
外部に露出したものです 言うまでもなく
構造体にとっても 冷暖房のエネルギーについても
いいことは何もありません

両断熱の家の建物は 一見 一番 いい良いに見えますが
外断熱の分だけの効果はありますが
建物の構造体は外部の気温に影響を受けて
冬は 寒く 夏は暑くなります

せっかく 人がいる室内の温度が
内断熱で遮断されてしまい
木造の家のように 建物に蓄熱されません

以上の事から 結論として 外断熱の家が 正解です

ここで 木造の家の 外張り断熱の家については
木造の家は もともと 木造は 断熱材です
その断熱材で作った家の外側に断熱材で
覆うことは 二重の効果はありますが
外張りや 内張りなど あまり意味のないことです

外断熱工法はあくまでも コンクリートの様な
蓄熱性能のある構造体に 効果のある工法です
誤解のないよいにしましょう

ブリックスのRCU工法の家
自然石外断熱 鉄筋コンクリート構造の建物
ご検討ください


お問い合わせはこちらをクリック!

よろしければクリックお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://clubbrix.blog.fc2.com/tb.php/121-3a72349c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: