狭小地に賃貸マンション

ここでは、「狭小地に賃貸マンション」 に関する記事を紹介しています。
 

貸し駐車場の空きが 目立って増えてきました 
今の若い人は 昔の様に車を欲しがらないようです 
また 最近はガソリンが高騰していて 
あまり車に乗らなくなっています 
そこで最近はカーシェアリングが増えてきていて
 車を持たずに 使うときだけ 借りるという 
時代になって来たのです 

同じ土地を持っていても 貸し駐車場にしていると
空き地にしているのと同じで 100パーセントの税金がかかり 
一番税金が高いのです 
また相続税などが発生したときは 
100パーセントの課税が掛かります 
同じ土地でも住宅などを建てると税金が半減します 更に 
その住宅を貸していると 
更に半減します 最近では 狭小地に時間貸し駐車場が 
目に付きます 自動車が1台とか2台と言った小さな土地だから駐車場しか 
利用価値がないからと 
駐車場にしているようです 余っているからといって駐車場にしていると  
多くの税金を支払うことになって 不経済です 
 
そんな 小さな土地でも 車が1台しか駐車できない土地でも 
ブリックスのゼロ工法なら 賃貸住宅が建てられます 
ブリックスのゼロ工法は狭い敷地に 隙間を空けること無く 
敷地いっぱいに建物を建てることが出来ます 
一般的に建物は外側から足場を組み 建築していきます したがって 
建物の外側に人が入るだけのスペースが必要となります 
ブリックス建築は建物の内側から施工するため外側には 
施工スペースが不要となり 隙間がゼロで済みます 
たとえば土地が5坪の土地でも 
施工面積が5坪の建物が可能です 階数も壁工法で5階まで 
ラーメン工法ではそれ以上の階数が建てられます 
今まであきらめていた狭い土地でも 貸し住宅が可能です 
ブリックス建築は100年建築を目指していてメンテナンスもフリーです 
いろいろな税金が半減して 長期の安定した貸し住宅の経営をしてみましょう 
狭い敷地の プランニングから 30年間の収支計画書 などの 
お手伝いを致します 貸し住宅は 余分な経費や 
借り入れの融資金額を抑えて 返済金額を少なくすることが 
一番大切なことです  また 持っている土地を最大限 
有効に建物を建てることも重要です 建築の工法によっては 
10パーセント以上 敷地を無駄にした計画があります 
高い土地の資産価値を生かした 有利な計画をお勧めします 
是非 ブリックスへご相談ください