建築・不動産・設計の新情報


鉄筋コンクリート住宅Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


タウンハウスの建築法

日本では最近 挟小地建築が 注目されていますが 
さらに進化した 建て方が タウンハウスと言えます

ヨーロッパの都市部では一般的な建て方のタウンハウスです
日本では京都の長屋が有名ですが
建物と建物の間の空間をなくして その分建物を広く建てられのが特徴です

日本に来られる 外国の人が皆 不思議がるのが建物の隙間です
なぜ無駄なスペースを空けて建てるのか 理解できないと言います

建物の両サイドの隙間をなくして より広い建物を建てる
建築工法がないものだろうか

そこで登場するのが ブリックスの足場ゼロ工法です
鉄筋コンクリート構造で天然石仕上げ付きのユニットを
敷地の内側から施工ができる 唯一の建築工法です

ベルギーの街並み写真image

たとえば 建物の幅(間口)が5メートルの 両サイドに 50センチの 
隙間があったとすると その隙間をなくして 家を広くすることにより 
建物の間口は6メートルになり 20パーセント広い建物が建ちます 
3階建てにすると合計60パーセント広い建物が建てられます

その家の屋上にガーデンを作ると生活面積は
当初計画の2倍の広さの家が建つことになり

都心は土地の価格が高く 土地の面積も小さく
周りの家の高さも 3階建てと高くなって来ています
そして日当たりも良くないのが現状です

同じ土地でもこれだけ 広く家が建てられたら
住まいとしては 満足のいく家が建てられます

そして屋上の庭園は都心では必ず作りたいですね
3階建ての屋上は 4階建ての高さで 
太陽の光も 風も 庭には 小鳥も期待できると思います

ホームエレベーターを付ければお年寄りもバリアフリーで
老後の快適な生活を送れるでしょう

玄関トリアノン

ヨーロッパスタイルの石造りRC建築は都心の街並みに
ひときわ映える建物です

 
詳しくはブリックスのホームページをご覧下さい
お気軽にお問合わせ下さい(設計・不動産・工務店等歓迎)



>
ユニット式 モノコック鉄筋コンクリートが 最強の建築です


鉄筋コンクリートの建物には 
壁式と軸組み(ラーメン工法)と2種類の構造があります

内部空間に柱型や梁型がなく 床・壁・屋根が面の構造体となっています
軸組み構造よりも 建物を面で構成している 壁式の構造が強いのです

さらにその壁式構造にも 箱のような板状の壁構造と 
曲面のモノコック構造があります 車や 飛行機 潜水艦などのように 
モノコックの曲面構造が強いのです

飛行機も最初は ライト兄弟が発明をした プロペラの軸組み構造でした
モノコック構造は柱や梁がなく 面全体で力を分散しているので強いのです
最近では車も飛行機も モノコック構造の強い構造を利用して さらに軽量化して
ボディをアルミや樹脂製の構造にしています


そのモノコック構造をさらに上回る構造が 
ユニット式 モノコック鉄筋コンクリート構造です

それはブリックスの世界特許を取得した
ユニット式モノコック鉄筋コンクリートの建物です


最も強い鉄筋コンクリートの建物は以下の条件を備えた構造です

1、鉄筋コンクリート構造 (現場打ち生コン)
2、壁式構造 (面構造)                       
3、モノコック構造 (曲面構造)         
4、ユニット式構造 (ユニットで強化)


耐火性能について
階段もコンクリートの構造にすれば 耐火建築物になります
大切な財産や家族の生命を危機にさらす火災 隣家からの貰い火など
住まい自身が火に強いこと 高い耐火性を備えていることです

火災の時の燃焼温度は1000℃以上といわれますが
木材なら270℃で引火して燃え出します
鉄骨なら600℃程度で強度が半減し 低下してしまいます

コンクリートを構造部材としたときは
主要構造部材の壁板や床板が2時間火災にさらされ
表面温度が1000℃になっても建物は崩壊しません

耐風性能について
鉄筋コンクリート構造は重量が重いため耐風性能が優れています
瞬間最大風速60mを越えた超大型台風にもびくともしません
さらにモノコックの曲面形は四角い建物に比べて 風の抵抗を半減させます

ブリックスのユニット式 モノコック鉄筋コンクリートの建物は
曲面のデザイン性と 耐震強度 耐火性 耐風性が 最も優れた建物です
ブリックス建築



>
ブロック工法とRC壁工法

ブリックスの建築は 石積みのデザインと 
ハンドメイドの施工法が
ブロック建築と似ているので間違われることがありますが
純粋の 現場打ちコンクリートの壁工法の建物です

現場打ちコンクリートは基礎から躯体まで
建物全体が一体化されたコンクリートで出来上がるため
耐震性に優れた建物です

ブリックスの自然石ユニットが型枠の役割をすることにより
一般の 現場打ちコンクリートの合板の型枠が不要となり
地球環境を保護したエコ建築で 外断熱工法の省エネ建築です

一般の場所打ち鉄筋コンクリートは直接外気に接しているため
コンクリートの アルカリ性が 中性化され 
建物の耐久性が大きく下がります

ブリックスの建物の外壁は 
天然石のユニットでおおわれている為
建物の耐久性を大幅にのばすことが出来る建築方法です

内壁ははシックイの塗り壁大理石等でできていて
室内温度を蓄熱するように考えられています

自然災害に強く 超耐久性の建築

ブリックスの建築

 




>