建築・不動産・設計の新情報

工務店の数が年々減っています
理由の一つは
工務店の経営者の高齢化による廃業です
もう一つの理由は
後継者の不足です

これらの原因は建築戸数の減少がありますが

木造住宅の需要が減っていることがあります
特に都市部では 木造住宅が減少しています

これからの工務店経営に画期的な
提案があります

ブリックスの新工法 です
基本構造は 鉄筋コンクリート構造です
ただし 施工方法が これまでの工法とことなり

まったく 新しい建築工法です
従来の工法は 鉄筋工や 型枠工が施工しますが
ブリックスの建物は それらの熟練した
職人が不要で 建築の施工の経験のない人でも
施工マニュアルによって

鉄筋コンクリートの建物が内装も同時に
完成します

また足場板や 単管パイプなど 仮設材などの
設備投資がほとんどなく
すぐにでも鉄筋 コンクリートの建物の受注が可能です

木造の建物の需要が減少していることが
廃業の理由となっていますが

このことは後継者があとを継がない理由とも
なっています

新工法のブリックスの建物は
様々な新技術がありこれからの
工務店に 受け入れやすく
競争力のある 工法です

ユニット写真


詳しくは お電話または メールで
お気軽にお問い合わせください
お待ちしています
ブリックスの家づくり
TEL: 03-5695-8111
メール: info@brix.co.jp
ユニット写真


外装工事が不要の建築工法が
誕生しました

ブリックスのユニット工法です
コンクリートのパネルにあらかじめ
天然石の御影石を埋め込み

そのパネルを二枚向かい合わせて
ブロックスタイルに
四本のスペーサーで組み立てます

そのブロックを積み上げて壁を造ります
その壁の中には鉄筋が組まれていて
中の空洞部に コンクリートを流し込むと
鉄筋コンクリートの構造体と同時に
外装が御影石で完成します

型枠として使用した コンクリートの
二枚のパネルには 御影石が 埋め込まれているの
そのユニットにコンクリートを流したことで
外装が完成します

またこの外装のパネルの内側には断熱材がセットされていて
コンクリートを流し込むと同時に
外断熱の工事が完了します

すなわちブリックスのユニット工法は
外装の工事が不要となる
また断熱の工事が不要となる
コンクリートの型枠工事の役割をする

その他にも 打ち込まれた
コンクリートをサンドウイッチ状態で
外側から挟みことで 一般のコンクリートより
コンクリートの圧縮強度が更に 増えることになります

ブリックスの 外装工事不要の 
ユニット工法をご検討ください

吉川



ブリックスの家づくりは 
東日本大震災の復旧 復興を
全力で支援しています
http://www.brix.co.jp