建築・不動産・設計の新情報


鉄筋コンクリート住宅Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


首都直下 夏めど対策 中央防災会議 

産経新聞 3月30日(金)12時3分配信
 国の中央防災会議(会長・野田佳彦首相)は29日、
東日本大震災を受け、防災対策の強化に向けた取り組み方針を決定した。
マグニチュード(M)7級の首都直下地震について夏ごろに当面の対策をまとめ、
来春までに全体像を策定する。

 首都直下地震は30年以内に70%の発生確率とされ、
大震災による地殻変動などの影響で発生リスクが高まったと指摘されている。
中央防災会議は最悪で死者1万3千人を想定しているが、
文部科学省の調査で従来想定より浅い場所で地震が発生し、
揺れは最大震度7に達する恐れが判明しており、
被害想定は上方修正される可能性が高い。

 同会議は首都中枢機能の確保や一斉帰宅の抑制などソフト面を中心に、
当面の対策を夏までに作成。文科省の調査結果などを踏まえ、
秋に新たな震度分布や津波高、冬に被害想定をそれぞれまとめる。

 また、東京電力福島第1原発事故を受け、原子力規制庁の発足に合わせ、
原子力災害対策体制の見直しなどを反映させた防災基本計画の修正を行う。
南海トラフの巨大地震については、当面の防災対策を夏にまとめる。

 一方、中央防災会議の専門調査会は同日、災害時の避難のあり方について報告書をまとめた。
災害対策基本法では、自治体が豪雨などの際に避難指示を出す場合、
住民に立ち退きを指示できるとされてきたが、
自宅などにとどまる「待避」や上の階へ移る「垂直移動」も避難行動と認める方針を初めて明確化した。

 平成21年の台風9号による豪雨では、
兵庫県佐用町で避難先に移動中の住民が用水路からあふれた水に流されて被災。
一方で自宅にとどまって難を逃れた人も少なくなかったことから、この教訓を反映させた。

 


>
震災後、全国13の活火山が活発化 (新聞記事)

 過去には東海、東南海、南海地震が連動した
1707年の宝永地震(M8.4)の49日後に
富士山が大噴火を起こした例がある

2004年のスマトラ沖地震(M9.1)では
地震後の数カ月間に周辺の10以上の火山で地震が活発化
1年4カ月後にはインドネシア・ジャワ島のメラピ山が噴火した  

震災後、周辺で地震が増えた活火山
 東日本大震災を起こしたマグニチュード(M)9.0の巨大地震の後
関東から九州まで少なくとも13の活火山の周辺で地震が活発になったことが分かった
噴火の兆候となる地殻変動は観測されていないが
過去には巨大地震後に火山が噴火した例もある
専門家は「注視していく」と話している

 地震が増えた活火山は
関東や中部地方の日光白根山、焼岳、乗鞍岳、富士山、箱根山
伊豆諸島の伊豆大島、新島、神津島
九州の鶴見岳・伽藍岳、阿蘇山、九重山
南西諸島の中之島、諏訪之瀬島
気象庁などによると
多くは11日の巨大地震直後に周辺の地震が増え
現在はいずれも減少傾向にあるという

 富士山の近くでは
15日にM6.4の地震が起き
その後も余震活動が続いた
焼岳では山頂から半径5キロ以内で通常の1カ月に数回の地震が
1週間で約350回以上に増加した

 箱根山周辺では通常の1日2回程度の地震が
1週間で1050回あった
箱根の地震を観測する神奈川県温泉地学研究所の吉田明夫所長は
「大震災をきっかけにした地震であることは間違いない」とみている

 今回の地震では
今のところ、噴火の前兆にあたる地殻変動や火山性微動は観測されていないが
巨大地震後に火山の活動が活発になることは珍しくない

 静岡大の小山真人教授(火山学)によると
巨大地震によって地下のマグマだまりが揺さぶられたり
地殻変動や地震波が伝わることでマグマだまりにかかる力が変わったりすると
地震が増えることがあるという。



>
瓦礫の山image

ガレキ処理と地盤沈下 液状化対策

ガレキはみんなの嫌われ者となっています
現在 ガレキの受け入れは 東京都だけです
もしも ガレキが自分の住む街から 発生したらどうするのでしょう
被災地のことを 自分の街の出来事のように 考えてみましょう

現在 何万トンと云う 膨大なガレキが 未処理となっています
被災地では ガレキを早く処理しなければ 復興が 先に進まずに困っています

また 被災地では 地震による 地盤沈下が1メートル以上となっていて
雨が降ると 雨水や海水が 浸水して 水溜となってしまいます
早く盛り土をしなくては 建物が建てられず 戻ってくることも出来ません

1メートル以上地盤沈下した街を 元の地盤へ戻すまで盛り土をするには
膨大な土が必要ととなります 時間も費用も 膨大です
盛り土が固まって 家が建てられるまでには 相当の時間が掛かります

そこで 膨大な ガレキを 地盤沈下の 盛り土に使ってはどうでしょうか
ここまでは 誰でも すぐに 思いつくことだと思います

生コン車image

本題はこれからです 
ガレキは そのままで盛り土には利用できません 
ガレキの木材を粉砕機で 細かくして コンクリートと 混ぜ合わせて 
使用するのです 

この木を細かくしたものとコンクリートを混ぜたものは 木と 砂と セメントで構成されていて
全てが 自然素材で出来ています 自然環境を壊しません

木とコンクリートを混ぜたものなので 木コン(もくコン) と呼びます
この木コンは コンクリートの配合により 軽量コンクリートのように 軽く 簡単に加工が
出来ることも 重く硬く強くすることも またポリマーセメントや 混和材を混ぜ合わせることにより
放射線を閉じ込めることも可能です 

宅地造成image

この木コンを活用して 地盤沈下した地域の地盤を かさ上げすると

1、人工地盤として すぐに建物が建てられます (速攻性)
2、街区全体を人工地盤にすることで 軟弱地盤の液状化対策や 不同沈下が防止できます(安全性)
3、水が浸透するので 降った雨水は 地下に浸透します(自然環境保護)
4、自然素材100パーセントで 芝生や 草花といった 植栽も植えることが可能です(街の緑化)
5、人工地盤の中に ライフラインを先行配管することが出来ます(電気ガス水道)
6、将来地盤が下がっても 地盤の下に注入方式で地盤レベルアップが可能です(将来性)
7、造成コストが半減し 工期も早く出来ます (予算軽減・工期短縮)
8、膨大なガレキを 膨大な盛り土に 一石二鳥の 活用ができます(問題点の解消)
9、放射線などの汚染物質の封じ込めが可能です 
  出来れば海岸線沿いの防潮提の中に 埋設が望ましいと思います(問題解決の提案)
10、安全 安心 ローコストの 木コンを 活用してみましょう(まとめ)

ブリックスハウスからの提案です

吉川

 
詳しくはブリックスハウスのホームページをご覧下さい
お気軽にお問合わせ下さい(設計・不動産・工務店等歓迎)


03白い鳩2羽

 
ブリックスハウスとブリックスクラブ各社は 
東日本大震災の復旧 復興を全力で支援しています
http://www.brix.co.jp



>
蓄熱性能が最も高いのはコンクリートの建物です 
このコンクリートに室内で発生した熱を 蓄熱させることにより
無駄のない 熱の有効利用が出来ます 
当然ですが 建物の外側には 外断熱をして 
室内で蓄熱した熱を 逃がさないようにします
人のいるときに発生した 熱をそのまま蓄熱する 
これが 効率的な蓄熱法です

荒川応接間

木造住宅の建物は 断熱性はありますが 蓄熱性能はありません
建物の外側や内側に 断熱材を設置しますが 室内の熱も 断熱されてしまい
熱は 蓄熱されずに 使い捨ての状態でした 

ヨーロッパの建物は 石造りの建物を この様に蓄熱させて いるのです

日本でもこの様な 蓄熱式の 建物が 誕生しました
それは 世界特許を取得した ブリックス工法です

巣鴨ギャラリー

室内は蓄熱をするため コンクリートに直接 塗り壁をします
一般的な内装の 石膏ボード下地に ビニールクロスを貼りません
また外壁は天然石で覆った 外断熱工法で 蓄熱した壁の熱を保温します

是非この機会に ブリックス工法をご検討下さい
 
 
詳しくはブリックスハウスのホームページをご覧下さい
お気軽にお問合わせ下さい(設計・不動産・工務店等歓迎)


10赤いオーム2羽
 
ブリックスハウスとブリックスクラブ各社は 
東日本大震災の復旧 復興を全力で支援しています
http://www.brix.co.jp









>