資産活用

ここでは、「資産活用」 に関する記事を紹介しています。

資産活用の基本は その土地の個性を熟知すること
立地条件 駅からの距離 地形 その他 いろいろな角度から観察する

土地には 長所 短所がある 短所を克服し 長所を活かす
いかに 優れた価値を引き出せるか
土地に建築する建物の商品価値で決定する

耐久性と永い商品価値から構造は 鉄筋コンクリート構造が最適
木造建築や プレハブ建築は 耐久性 性能や商品価値から資産活用は不利
耐用年数が数10年の建物では 投資した金額が 戻る前に老朽化してしまう

また賃貸マンションを建てれば儲かる時代は終った
少子高齢化により賃貸物件を借りる若い世代が減少したからだ

これからの資産活用は 今までとは違う 差別化を持った建物が大切だ
たとえば定期借地権などは 借地の期限には老朽化する耐久性が短いものは失格だ

建物の解体整地がかかり 解体費用が発生することになる
地主さんは 契約が満了した時 土地だけがもどる

たとえば耐久年数 数100年のヨーロッパ建築のような建物で
定期借地権で 計画をしたらどうか

定期借地が満了したとき 買主は借地を返還する期限までフルに
建物を活用していて 解体費用は不要になる

立派に耐久性があり商品価値が残っていて 
期間が満了後 あと50年以上活用できる建物であったら
定期借地権を貸した地主さんは
まだ十分商品価値のある建物がそのまま戻ってくる

本来ならば新しい建物を建築すべきところ ただで建物が手に入る
定期借地権はこれまで魅力のある資産活用法ではなく むしろ敬遠されていた

ところがこの方法であれば 土地を貸す地主さんも 定期借地を借りる人も
双方に大きなメリットが得られることになる 

それは 耐久性の高い 商品価値のある 鉄筋コンクリートの建物です
また その建物が 美しい自然石の鉄筋コンクリートであったら
さらに コストが それほど高くなければ

その建物は ブリックスの 自然石鉄筋コンクリート工法です
外観はヨーロピアン風の 自然石づくりで 
壁の厚さが250ミリある 
超耐久 鉄筋コンクリート建築です

 詳しくはブリックスのホームページをご覧下さい。
お気軽にお問合わせ下さい。
(設計・不動産・工務店等の法人歓迎)
マンション経営 不動産活用

ガウディ 2image

高利回りのマンション経営の基本は 魅力のあるプランニングです
いかにその土地を効率よく 賃貸面積を確保した 建物ができるか 

効率の良いプランニングと 商品的な魅力のある建物を
いかに建築コストを抑えてできるかです

外観casadAnge2la

そして入居者に人気のある 魅力的な部屋の間取りができるか
できる限り 一般によくある 同じ間取りにしないことが原則です

ホール100_8448

なぜなら 同じ間取りの部屋であれば 入居者は 新しい建物を選びます
これからは個性のある 特徴を生かした 魅力のあるマンションでなければ
勝ち残ってはいけません

またその建物が長期的に見て 商品力が落ちずに
最低でも50年、できれば100年位持続していきたいものです


高利回りになるのは ローンを完済した 30年後からです
無借金ですから これが本当の 高利回りマンション経営となります
とにかく50年~100年間商品力を維持するが目標です

高級な石づくりの鉄筋コンクリート構造の
マンションをローコスの建築費で建築することが
高利回りの賃貸マンションを可能にします

玄関トリアノン

長期の耐久性 魅力ある商品力 メンテナンスフリー 
ブリックスをご検討ください 
 
詳しくはブリックスのホームページをご覧下さい
お気軽にお問合わせ下さい  (設計・不動産・工務店等歓迎)
KA外観

超耐久建築が求められています
200年建築として要求されている条件には
デザインの持続性があります 建物そのもののデザインのみならず 
街並みとしてのデザイン性も重要です
ヨーロッパの組積造の建築のように伝統を受け継ぎ 建物そのものとしても 
街の景観に対しても優れたデザイン性を持ち続けることが大切です

2つ目の条件は建物コスト及びその耐久性です
日本の住宅の平均耐久年数は26年と欧米の50年から75年に比べて短く
人の一生のうちに何度も建て替える必要となり
一生のうちの建物コストは膨大となります

また現在の住宅はいくら維持管理を行っても
建物としての資産価値は右下がりの急勾配で
下がっているのが目に見えています

3つ目の条件は 地球環境を守ることに寄与することです
木造住宅 または 鉄筋コンクリートの合板型枠など
現代の建築工法は木材資源を大量に使用する 
植樹による森林化計画も追いつかず 
世界中の森林資源は枯渇してしまいます
同時サイクルで発生する大量の産業廃棄物の山
すなわちゴミの山からは有害物質が地中へと浸透し
川や海へと入り込む このような悪循環は地球上の
生態系にも影響を及ぼすことになります

以上さまざまな面から考えて 合板型枠などを使用しない
世界特許のブリックス 石造り鉄筋コンクリート建築工法は 
最良にして 無二の これからの建築工法といえます
ブリックスをご検討下さい

 詳しくはブリックスのホームページをご覧下さい。

お気軽にお問合わせ下さい。
(設計・不動産・工務店等の法人歓迎)


image_20130619081808.jpg

image_20130619081809.jpg


ものを購入する時 少しでも良いものを
安く買いたいと思うのが 人の心理です
日本人は 世界でも ブランド品を 好む人種です

中国製などの 粗悪品を 避ける傾向にあります
そんな日本人が 選ぶ 住宅は 木造住宅の家です

日本の気候風土にあう こともあると思います
そして 木造以外の 住宅の工法の選択肢が少なく

鉄筋コンクリートの住宅を建てる
建築会社が少ないこともあります

鉄筋コンクリートの住宅を建てる人は
全体の数パーセントしかいません

これだけ 地震や 津波や 竜巻などの
被害にあっていても
建て替えて 建てるのは また 木造の住宅です

コストパフォーマンスで考えると
住宅の寿命は 木造とコンクリートを比較すると
2倍以上の差があります

仮に同じ価格で購入した場合
寿命の長い コンクリートの建物は
木造の半分のコストで建てられることになります

その他の耐火性能や 耐震性などの各性能も
大きく 性能に差が出ます

特に マンションなどの 長期耐久商品では
コンクリートの建物の方が コストパフォーマンスが
大きく有利となります

更に ブリックスの建築工法で
外部に使用されている 仕上げは
本物の御影石で 半永久的の耐久性があります

ブリックスの100年建築をご検討ください


お問い合わせはこちらをクリック!

よろしければクリックお願い致します。
人気ブログランキングへにほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ 
にほんブログ村 
にほんブログ村 住まいブログへ 
にほんブログ村



マンションの経営が儲かっているか
赤字の経営かは 外観をみれば 素人でも 見分け がつきます
それは マンションの部屋が いつも満室か いつも空室かどうかです

どんなに効率のいい マンション経営をしていても 空室があっては
利益は確保できていません

家賃が安くても 多少部屋が広くても ほとんど影響ありません
マンション経営の 基本は 人気の高い 魅力的な 建物です
   


MANS3


今までは プレハブの建物でも 何でも 建てれば 経営ができました
今は 一時代前とは 違います  
気に入らない部屋は 借り手がつきません
賃料を下げても 部屋が埋まる時代ではありません

HEYA

またオーナーの好みで建てた建物も 人気がありません
マンションは人が住むために 高い家賃を払ってもらう 商品です

入居者の 年齢や 男女の区別 地域性など マーケティングが大切です

DEZA


賃貸マンションは 建物の品評会です
選考審査員長は 毎月家賃を払う入居者です  
 
仲介業者に多くの建物 部屋を案内されて
その中で一番気に入った建物を契約するのです

新築して 部屋が満室になれば それで めでたしでは ありません
賃貸経営は マラソン競技のようなものです

建物の融資返済期間は30~35年です 少なくても
その期間は 常に満室であり 商品価値を持続せなければなりません


毎年 近所に 新築の建物が建っても 競争力の衰えない
ライバルの建物に勝つ 魅力が必要です

競争に勝つ 魅力的な 建物を建てましょう
その建物とは どんな建物でしょう


それは天然石の御影石でデザインされた ブリックスの建物です
その素材感を生かした 風格のある建物を 入居者は 一番に撰ぶでしょう

何十年建っても 商品価値の衰えない ブリックスのマンション経営

この機会に ブリックスのマンションを建ててみませんか


お問い合わせはこちらをクリック!

よろしければクリックお願い致します。
人気ブログランキングへにほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ 
にほんブログ村 
にほんブログ村 住まいブログへ 
にほんブログ村