室内壁 内蓄熱 工法

ここでは、「室内壁 内蓄熱 工法」 に関する記事を紹介しています。

室内壁 内蓄熱の建築工法

外断熱の建物が基本となっていますが、
ただ単に外断熱をしても冷暖房の効果はでません

室内側に蓄熱体が必要です
室内の蓄熱体に熱を貯めて初めて 外断熱の効果が出ます

外断熱の 現場打ちコンクリート構造が 基本構造です

コンクリートの躯体の壁に 直接 塗装や漆喰など 塗り壁の 仕上げをします
室内の温度を  壁に蓄熱させるために 一番大切な 仕上げです  

コンクリートの建物でも 部屋の内装が ビニールクロスなど 石膏ボード下地の 
二重壁では コンクリートへの 蓄熱効果は ありません

壁厚比較図

内蓄熱コンクリートの建物は 天然石の外断熱の外壁によって より効果が上がります
外気温の 寒さや 暑さから 外断熱の壁により  室内を 遮断します


コンクリートの建物は いったん暖めると いつまでも 暖かいのです
湯たんぽは 蓄熱性の高い お湯を 利用したものです 
韓国のオンドルは床のコンクリートを暖めて 床暖房として利用しています
また 夏の冷房も 一旦 室内を冷やすと 止めても 涼しさが持続します

冬の暖房 夏の冷房 を使用して その運転を止めると
木造の家は すぐに 寒くなったり 暑くなります

木造の建物は いくら暖めても 木は断熱性が高いため すぐに冷めてしまいます
内蓄熱の家は そこに暮らす人の 快適な環境を 保持できる建物です

世田谷外観


ブリックスは 天然石の外壁で 外断熱の 
現場打ちコンクリート構造が 基本構造です

  
詳しくはブリックスのホームページをご覧下さい
お気軽にお問合わせ下さい(設計・不動産・工務店等歓迎)