建築材料

ここでは、「建築材料」 に関する記事を紹介しています。


鉄筋コンクリート住宅Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


ツーバイフォーCA6FK1MR


最近の住宅は ローコストの価格競争により
安価な新建材を使用して施工をしています

構造体に使用する合板 内装のビニールクロス 
新建材で出来た台所の流し台 食器戸棚 建具などです

そこには防腐材や防虫材 そして接着剤有害物質を使用したものが多く
健康被害が発生しています
では健康になる家を造るにはどうしたらいいのでしょうか

昔の日本の家を思い出して下さい  家は全てが自然の素材で造られていました
しかしながら昔の家を現代に造る訳にも行きません

壁は土壁 床は板の間 畳 戸は紙のふすまでした 
自然素材の良いところは呼吸していることです

家も呼吸していないと 健康にはなれません
ビニールクロスと新建材で包まれた 密閉された部屋では
接着剤などの 有害物質に犯されてしまいます

鉄筋コンクリートの建物は 使うのは全て自然素材の 
石 砂 セメント 鉄 です
またコンクリートは呼吸しています

問題は内装です 一般的にマンションなどの内装は
下地にボードを貼り ビニールクロスなどで覆ってしまいます

それをシックイ 珪藻土などの 塗り壁にすることで
コンクリートと一体化して呼吸する壁となります

珪藻土などは有害物質などを吸着して室内の空気を
きれいにします 最近では室内のウイルスを除去する
光触媒式の空気清浄機なども効果があります
現代の住宅は 使われる新建材からでる有害物質によって
シックハウス症候群という アレルギー性の病気を引き起こして
人の健康を害してます おもに家庭にいる 子供や主婦が病気になります

なにが健康に一番良いのか 選択を間違わないように 
最終的には 個人の住宅は 家を建てる人が 決定するものです

自然石の外壁で出来た ブリックス建築は 自然素材の
鉄筋コンクリートで 内装は塗り壁が基本の建築です

そしてなんといっても 鉄筋コンクリートは 地震や津波 火災から
人を守ることのできる唯一の建築工法です

ブリックス建築

吉川玄関角





>
離島 別荘 僻地 建築施工 新建材

島国の日本列島は 6,852の島で成り立っています 

離島は台風などの気象条件が厳しく 電気や 水道もない島もあります
島で暮らしている人たちの 住宅はどのようにして 建てているのでしょうか
また離島に建築をするには 建築材料や施工機材などの 調達も難しいのです

離島の中でも特に気象環境の厳しい 沖縄県は 超暴風雨の台風や 
真夏の強烈な日差しなどに耐えられる 建築が求められています
木造の家は台風で飛ばされてしまい 耐えられないのです
そのために 大半が コンクリート 又はブロック造りの建築です

そこで沖縄や離島に 適した建築構造で 施工の簡単な工法を提案いたします

ユニット写真

それは ブリックス工法です その特徴は 

1、基本構造は 鉄筋コンクリートの壁構造です 
  台風 地震 津波に強く 島を襲う自然災害から 人命を守ります

2、コンクリートの型枠工事と鉄筋工事が不要です
 天然石で出来た型枠兼用のユニットを積み上げて鉄筋を組みながら コンクリートを流し込むと
 外装と内装が同時に完成します
 型枠工 鉄筋工 外装工事 内装工事 足場仮設工事が不要で 専門の職人も不要です

3、ブリックのユニット部材とサッシや建築部材を一式 パレットに コンパクトに重ねて 
  コンテナで 海上輸送するので 輸送コストが安上がりです
  離島の現地では 調達の難しい建築資材も 一緒にコンテナで運搬できます

4、建築の施工道具も 1、コーキング用ガン 2、結束ハッカー 3、調整用ゴムハンマーが
  主な道具です 電動機械や 一般的にコンクリート工事に使う道具は 基本的には不要です
  コンクリート工事の経験がない人でも 施工マニアルをマスターすることで 施工が可能です

5、施工精度がぶれません ユニットにあわせて 施工することで 鉄筋のピッチや
  配筋の精度が確保できます
  以上が簡単な説明ですが 現地でユニットを手にして 実際に 組んでいくうちに
  誰でもが 慣れて覚えていくでしょう

 シンプルイズベストの建築工法です 一つのユニットだけで基礎工事から 
 地上5階(壁構造)まで施工が可能です

離島に限らず 山や海などの別荘や 僻地の建築にも施工可能です
建物の設計から 部材の運搬の手配 施工の指導までを お手伝いいたします

是非 離島の建築にブリックス工法を検討してみてください

 
詳しくはブリックスのホームページをご覧下さい
お気軽にお問合わせ下さい(設計・不動産・工務店等歓迎)


 



>
木造住宅のように鉄筋コンクリート建築がコストダウンできたら 

日本のような 自然災害の多い国には 必要です

何故 鉄筋コンクリート住宅は高いのでしょうか


鉄筋コンクリート建築のコストの大半を占める

コストの高い 型枠工事と 鉄筋工事が 基本工事とされている為

コストを下げることが出来ないのです

そこで 型枠工事・鉄筋工事・外壁工事・内壁工事を

一つの建築材料で造ることが出来る建築工法が誕生しました

それは ブリックスハウスの建築工法で 一つのユニットで

建物の大半を作り上げることにより 今まで必要とされた

工事職種を減らし コストを下げることが可能となりました

このシンプルイズベストな このユニットは 

ユニット写真


型枠工事と鉄筋工事を無し 同時に 内装と 外装が出来上がります

是非 この機会に ブリックスの世界特許の新工法をご検討下さい

詳しくはブリックスのホームページをご覧下さい
お気軽にお問合わせ下さい(設計・不動産・工務店等歓迎)



>
シャンゼリゼ  b

世界の国の数が約200ヵ国となりましたが 
その国の数だけ
建築の工法があります 
どの国の工法が優れているのでしょう
その国の文化や習慣により 
現在の世界各国の建物には 一長一短があります

ヨーロッパの建物写真

欧米の建物は50年から100年の耐久性がありますが 
日本の家は平均30年で建替えられています

世界各地で起こる 
地震 津波 台風 ハリケーン 竜巻 洪水 土砂崩れ など
地球温暖化や 自然災害 エネルギー問題 健康生活などを考え
これからの世界基準にあった 
建物を建てていくべきです

そこで誕生したのが ブリックスの ユニット工法です
基本構造は鉄筋コンクリート壁構造で 地震 火災 台風 津波に強く
外側を 天然石ユニットで保護しているので さらに 耐震性が強く
コンクリートの劣化を防ぎ ヨーロッパ建築の様に 超耐久の建築です

外壁ベルリン消防署

この新しい建築工法こそが 
世界標準の建築工法としての 基準を満たしていると思います
ブリックスのユニット工法をご検討下さい

 
詳しくはブリックスのホームページをご覧下さい
お気軽にお問合わせ下さい(設計・不動産・工務店等歓迎)




>
吉川植栽カット


いい家を安く建てるためにはどうしたらいいでしょうか

建築費の内訳は 建築材料 施工する人件費 諸経費の

三つからなりたっています

いい住宅を安く建てるには 建築工法が大きく関係します

一般在来工法のように 多くの工事の種類があると それぞれの工事に

数多くの材料と 施工する人 そして諸経費が掛かります

一つの工事を行うためには 元請け 下請け 孫請け 職人と何段階もの

仕事の請負形態を経てはじめて工事が動きます

また 各材料も 製造メーカー 卸問屋 販売店 施工者と多くの流通を経るため

それぞれに諸経費が上乗せられて最終的には原価の倍以上の価格になります

ユニット写真

そこで生まれたのがシンプルイズべストのブリックス工法です

多くの役割を持った 一つの建築材料で 施行するため 

建物の外壁 内壁 基礎 型枠 鉄筋 仮設 足場 等の工事が

不要となる 画期的な建築工法です

その工法は 建築部材では最高級の天然の御影石をパネルに埋め込み

その天然石が付いたパネルを 組み立てて 家の形を作り

パネルの内側に コンクリートを流し込むだけで コンクリートの建物が出来上がる

このパネル一部材で 建物のほとんどを 施工 出来るのが ブリックス工法です

一つの建築部材で建物が 出来上がるということは 施工も一職種でいいと 

云うことになり 多くの職種が不要となります


1、多くの工事職種→ 一職種 

2、 多くの製品流通→ 直販 

3、多くの諸経費→ 少ない経費

多くの職種と 材料と 経費が 同時に削減できます
 天然石の鉄筋コンクリート建築

シンプルイズベストのブリックスをどうぞご検討ください

 
詳しくはブリックスのホームページをご覧下さい
お気軽にお問合わせ下さい(設計・不動産・工務店等歓迎)





>
蓄熱性能が最も高いのはコンクリートの建物です 
このコンクリートに室内で発生した熱を 蓄熱させることにより
無駄のない 熱の有効利用が出来ます 
当然ですが 建物の外側には 外断熱をして 
室内で蓄熱した熱を 逃がさないようにします
人のいるときに発生した 熱をそのまま蓄熱する 
これが 効率的な蓄熱法です

荒川応接間

木造住宅の建物は 断熱性はありますが 蓄熱性能はありません
建物の外側や内側に 断熱材を設置しますが 室内の熱も 断熱されてしまい
熱は 蓄熱されずに 使い捨ての状態でした 

ヨーロッパの建物は 石造りの建物を この様に蓄熱させて いるのです

日本でもこの様な 蓄熱式の 建物が 誕生しました
それは 世界特許を取得した ブリックス工法です

巣鴨ギャラリー

室内は蓄熱をするため コンクリートに直接 塗り壁をします
一般的な内装の 石膏ボード下地に ビニールクロスを貼りません
また外壁は天然石で覆った 外断熱工法で 蓄熱した壁の熱を保温します

是非この機会に ブリックス工法をご検討下さい
 
 
詳しくはブリックスハウスのホームページをご覧下さい
お気軽にお問合わせ下さい(設計・不動産・工務店等歓迎)


10赤いオーム2羽
 
ブリックスハウスとブリックスクラブ各社は 
東日本大震災の復旧 復興を全力で支援しています
http://www.brix.co.jp









>