建設業

ここでは、「建設業」 に関する記事を紹介しています。


鉄筋コンクリート住宅Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


ヨーロッパ建築とブリックス建築

ガウディサクラダimage


ヨーロッパの建築 ガウディ建築のすばらしいのは 
これらの建物は 一つひとつの石を積み上げた建築工法であること
構造計算をしながら 石を曲線に積み上げていく技術には驚かされます

ガウデイの建築は動物や植物や波といった動くものが 
建築物として表現されています

また その建物が生き物のような 印象を与えて
生命の存在を感じさせる 建物はそれを見る人を驚かせます

またガウデイ建築は 内部に入ると 
人の胎内の感覚を創造させる様な 空間を作り上げています 

このような曲線で 建物をつくるには 
建物の構造計算が確実に成り立っていなければ
建物は壊れてしまいます
ガウデイ 3 image

もちろん日本ではこのような石積みの建築工法は 建築できませんが
ガウディ建築のような建物を 建築することは可能です

世田谷外観

それは 石造り鉄筋コンクリートの ブリックスハウスの建築工法です
一つ一つの 自然石のユニットを ハンドメイドで積み上げながら
建物を建てていく 世界特許を取得した 建築工法です 

一生に1度の自分の住まいを ガウディ建築のように
自分の好きな 動物や生物を イメージした建物を
建てて見ませんか




>
ユニット式 モノコック鉄筋コンクリートが 最強の建築です


鉄筋コンクリートの建物には 
壁式と軸組み(ラーメン工法)と2種類の構造があります

内部空間に柱型や梁型がなく 床・壁・屋根が面の構造体となっています
軸組み構造よりも 建物を面で構成している 壁式の構造が強いのです

さらにその壁式構造にも 箱のような板状の壁構造と 
曲面のモノコック構造があります 車や 飛行機 潜水艦などのように 
モノコックの曲面構造が強いのです

飛行機も最初は ライト兄弟が発明をした プロペラの軸組み構造でした
モノコック構造は柱や梁がなく 面全体で力を分散しているので強いのです
最近では車も飛行機も モノコック構造の強い構造を利用して さらに軽量化して
ボディをアルミや樹脂製の構造にしています


そのモノコック構造をさらに上回る構造が 
ユニット式 モノコック鉄筋コンクリート構造です

それはブリックスの世界特許を取得した
ユニット式モノコック鉄筋コンクリートの建物です


最も強い鉄筋コンクリートの建物は以下の条件を備えた構造です

1、鉄筋コンクリート構造 (現場打ち生コン)
2、壁式構造 (面構造)                       
3、モノコック構造 (曲面構造)         
4、ユニット式構造 (ユニットで強化)


耐火性能について
階段もコンクリートの構造にすれば 耐火建築物になります
大切な財産や家族の生命を危機にさらす火災 隣家からの貰い火など
住まい自身が火に強いこと 高い耐火性を備えていることです

火災の時の燃焼温度は1000℃以上といわれますが
木材なら270℃で引火して燃え出します
鉄骨なら600℃程度で強度が半減し 低下してしまいます

コンクリートを構造部材としたときは
主要構造部材の壁板や床板が2時間火災にさらされ
表面温度が1000℃になっても建物は崩壊しません

耐風性能について
鉄筋コンクリート構造は重量が重いため耐風性能が優れています
瞬間最大風速60mを越えた超大型台風にもびくともしません
さらにモノコックの曲面形は四角い建物に比べて 風の抵抗を半減させます

ブリックスのユニット式 モノコック鉄筋コンクリートの建物は
曲面のデザイン性と 耐震強度 耐火性 耐風性が 最も優れた建物です
ブリックス建築



>
建設業 新工法 防災の建築工法

女川建物
女川のRC被害建物

東日本大震災以降 東南海地震 首都直下型地震 富士山噴火 など
日本各地で 地震予測の報道が 多く出ております

日本の都市の多くは 海岸線に面しています 
東日本大震災の時のように 津波や 高潮などの 対策が必要です

東日本大震災では 木造の家は ほとんどが 流されて しまいました
残ったのは コンクリートとブロックの家でした

これからの建設業は 防災に対応した建築工法が 必要です
防災に対応できる 建築工法は やはり 鉄筋コンクリート建築です

コンクリートの 建物でも 津波に強いのは 丸い形の建物です
船とか潜水艦のように 波の抵抗を最小限にします

丸い家

また 台風などの 暴風雨にも 風の抵抗を受けることになり
屋根が飛ばされることもあり その点 流線型の丸い家が優れています
 
さらに津波は海水だけではなく 壊れた木造の家が流されて来て
まるで家と家とが 体当たりする光景を見ましたが 
そのようなときでも 丸い家は 抵抗が最小限で 済みます
 
津波に流されずに 最適なのは 重たい鉄筋コンクリートの建物です
被災地跡地には 住宅が壊れた 多くの瓦礫が 山のようになっていました
仮に 建物が 鉄筋コンクリートの建物であったら ガレキも発生しません
津波の被害の様子も変わっていたと思います

津波の抵抗にも耐えられ また 沿岸部は潮風が吹くため
鉄筋コンクリートの建物は海岸線には 不向きと言われますが
外壁が自然石のブリックスハウスは 塩害対策としても 効果の高い建物です

壁厚比較図


ブリックスハウスの建築工法は 
施工が単一部材のブリックスユニットを組立てながら
鉄筋コンクリートの建築が出来る 世界特許の新工法です

ユニット


場所打ち コンクリートで 工事職種が少なく 工期が早く 
地震 津波 高潮 塩害 に強い ローコスト鉄筋コンクリートの  

ブリックスハウスをご検討下さい

 
詳しくはブリックスハウスのホームページをご覧下さい
お気軽にお問合わせ下さい(設計・不動産・工務店等歓迎)

雪国の花 紫 


ブリックスハウスとブリックスクラブ各社は 
大震災の復旧 復興を全力で支援しています
http://www.brix.co.jp



>
省エネルギー住宅を建てる


地球の温暖化対策として 国の次世代省エネルギー基準が
設けられてから 10年が経ちます
住宅を建てるときの 建築主の 設計・施工の仕様規定と
性能規定の判断基準の2本立ての規定です

ローコスで効率のよい 省エネルギー住宅を 建てられるには

寒冷乾燥の冬 高温多湿の夏の 日本の気候風土 
その条件にあった建て方 


北海道 沖縄 また 沿岸部 山間部 地域によって
さらに 地震 津波 台風 等の自然災害の対策も 
同時に検討が必要です


冷暖房と給湯でエネルギーの63%が 消費されておりますが
省エネルギーで効果的な対策は 断熱性能 気密性能と 蓄熱性能です
現代の在来の住宅は 断熱性や気密性は向上したものの
在来工法では その構造から 蓄熱性の効果は期待できない性能です

この重要な3つの性能を備えているのは
外断熱の 鉄筋コンクリートの建物です

外断熱の鉄筋コンクリート住宅は 
その断熱効果と 外壁の安全性が相反する施工となり
施工が難しく建築コストも高額です

そこで開発されたのが 世界特許の建築工法の
ブリックスハウスの外断熱工法です

ユニット

自然石パネルを ユニットに組み立てるときに 断熱材をセットし
積み上げて コンクリートを流し込むだけで
外断熱の建物がが出来上がります

外壁の自然石パネルは 4本のジョイントとコンクリートにより
固定されていて 外壁の安全性を確保しております

また外断熱鉄筋コンクリートでありながら
木造住宅並みの建築費で出来る ローコスト建築です

世界特許の 省エネ住宅 ブリックスをご検討ください



>
超耐久性の建築

超耐久性の建築 200年住宅 を建てる制度が出来てから
建築業界の 技術革新は 果たして あったのでしょうか
今 国の制度だけに 任せておかないで 業界関係者 自ら
建築技術の 研究開発を 進めて行きたいものです

日本の住宅の 平均寿命は26年です
世界で最も 短い耐久性の住宅です

住宅ローンが終わるころに 住宅もその寿命が終わります
住宅を持っている間は ローンの返済が一生 ついて回ることになります

ヨーロッパ建築のように 家の耐久性が数100年あったら
住宅ローンの支払いは 一世代だけで 終わり 
その子供から 給与からのローンの支払いはなくなります

日本はこれから益々高齢化社会となります 
日本の 豊かな国づくりは 建築業界の使命です
今のうちから 超耐久性のある 住宅を 建てて 
国を豊かに していきたいものです

ブリックスは 天然石の外壁で 外断熱の 
場所打ち鉄筋コンクリート 壁構造の建物は 超耐久性の建築で 
数100年の耐久性を目指しております

外足場が不要の建築で 土地の有効活用が可能です
多能工一職種で躯体を完成することが出来る 新工法を
是非ご検討下さい

 
詳しくはブリックスのホームページをご覧下さい
お気軽にお問合わせ下さい(設計・不動産・工務店等歓迎)
 



>
エコロジー建築

地球環境に優しい エコロジー建築について考えてみましょう
日本の木造住宅は スラップ & ビルド の建築です
平均30年毎に 建て替えられています

古くなった家を 解体しては 新しい木材で 家を建てます
世界中の森林を 伐採して 住宅を 建築しています
日本の木造建築は エコロジー住宅とは 正反対のものです

森林伐採と 解体時の産業廃棄物で 地球環境を悪化させています
木を使った建築は日本だけではなく 欧米の2x4住宅などでも使われています 

最近は 地球環境が 悪化しています 
タイでは大雨が降って 大洪水が発生しました 
他の国では 雨が降らずに 干ばつになったりしています 

地球の人口が70億人を超えました 
住宅の需要は 更に増え続けていきます 
このまま木材を使用した 建物を建てていくとしたら

地球の環境は どうなってしまうのでしょうか 
地球環境に配慮した 住宅を考えるべきだと思います

エコロジー住宅(地球環境に優しい)と 
エコノミー住宅(省エネルギー)とよく混同されていますが
エコロジー住宅には どのような建築があるでしょうか

地球環境にやさしいエコロジー住宅 ブリックスハウスの建築とは

基本構造は 鉄筋コンクリートの建物です 
自然石のコンクリートのパネルで出来た
型枠を使用しています 木製などの型枠が 不要です

更に 内装と 外装の 仕上げを兼ねたブリックスパネルは 
内装 外装の工事が不要となります

基本構造がコンクリートですから、使用する原材料は
砂利・砂・石灰・水で 環境破壊を殆んど起こしません

ブリックスハウスは単体のユニットだけで 基礎から5階まで建てられます
多能工 一職種で 躯体の 施工が可能です

 ブリックスをご検討下さい
ユニット

耐震 耐津波 耐火 台風 防音 耐久性 優れた性能があります
世界の人口増加に 対応可能な建物です

ブリックスは世界特許を取得した エコロジー住宅です
 
詳しくはブリックスのホームページをご覧下さい
お気軽にお問合わせ下さい(設計・不動産・工務店等歓迎)




>
超耐久の建築で国づくり

長引く建築不況 東日本の復興や防災対策の建築として 
超耐久の建築で 豊かな 国づくりをしましょう

経済大国といわれながら 国民生活は ゆとりを感じません
またいつ 来るかわからない 地震や津波に 不安な毎日を過ごしています
この日本で もっとゆとりのある 国民生活が 出来ないものかと 考えてしまします

ゆとりのある生活とは 心(精神)とお金(経済)にゆとりを持つことが基本です
まづ 一つ目は いつ地震や津波が来ても 安全 安心の暮らしが出来きて
住んでいて楽しい家で 街づくりを完成させること


二つ目は 日本では収入の 住居費の占める負担が 1/3以上と 多すぎます 
住居費を 減らして 低収入でも ゆとりのある生活を 可能とする 

このことが ゆとりのある生活の 基本となると思います
この解決策の 二つの共通点は 日本の住宅です



一つ目の 安心安全の住宅は 現代建築で 最も強い 鉄筋コンクリートで
地震や 津波が 何回襲ってきても 人の命をまもれる建築を建てることです

津波によって たった一日で 街が流されてしまう
今住んでいる家が 明日には 何もかもが 無くなってしまうのでは
不安で 夜も眠れないと思います

二つ目の 住宅は ヨーロッパ建築のように 数100年の耐久性のある住宅です
住宅ローンは数十年で 初代だけで 終わり 
その子供世代からは 給与からのローンの支払いはなくなります

つまり 今の日本の住宅は耐久性が短いために 何度も建て替えて
一生ローンを払い続けますが 耐久性の永い住宅を建てておけば 
住宅ローンがなく その分 お金にゆとりがでます

ブリックスは 鉄筋コンクリート構造で 
外壁は耐久性の高い天然石で メンテナンス不要です
外断熱の 場所打ち鉄筋コンクリート 壁構造の建物は 
数100年の耐久性を目指しております

超耐久性の建築 ブリックスで 
ゆとりのある国づくりをしましょう  



>
ブリックスのユニットは 天然石の埋め込まれたコンクリート製のパネルです
そのユニットをハンドメイドで積み上げて 鉄筋コンクリートの壁構造を 施工します
仕上げを兼ねた型枠として施工します 従来の型枠は不要の 新工法です


ユニット

【ユニットの役割】  シンプルイズベストの建築部材です
1 建物躯体関係   躯体の型枠 及びセパレーター 鉄筋工事の支持サポート 
2 基礎工事関係  基礎型枠 地下室工事 ガレージ工事 
3 仕上げ関係    外壁の仕上げ 内壁の仕上げ 及びその下地工事
4 外壁断熱関係   外断熱 内断熱の施工及び下地工事
5 室内関係      キッチンカウンター アイランドキッチン  洗面カウンター
6 浴室関係      浴槽 及び 浴室内の壁 屋上露天風呂 
7 外構関係      門 塀  植栽ガーデニング 工事

ユニットを積み上げることで 内装 外装の 仕上げが 天然石で完成します
ひとつの部材で 基礎工事から 5階建てまで
鉄筋コンクリートの壁構造の 建築が施工 可能となります

耐震 耐火で エコ住宅 外断熱なので 
省エネ効果も高い健康住宅です

ブリックスの新工法で ローコストな 鉄筋コンクリートの 建築をご検討下さい
 
詳しくはブリックスのホームページをご覧下さい
お気軽にお問合わせ下さい(設計・不動産・工務店等歓迎)





>