建築・不動産・設計の新情報

マンション経営 不動産活用

ガウディ 2image

高利回りのマンション経営の基本は 魅力のあるプランニングです
いかにその土地を効率よく 賃貸面積を確保した 建物ができるか 

効率の良いプランニングと 商品的な魅力のある建物を
いかに建築コストを抑えてできるかです

外観casadAnge2la

そして入居者に人気のある 魅力的な部屋の間取りができるか
できる限り 一般によくある 同じ間取りにしないことが原則です

ホール100_8448

なぜなら 同じ間取りの部屋であれば 入居者は 新しい建物を選びます
これからは個性のある 特徴を生かした 魅力のあるマンションでなければ
勝ち残ってはいけません

またその建物が長期的に見て 商品力が落ちずに
最低でも50年、できれば100年位持続していきたいものです


高利回りになるのは ローンを完済した 30年後からです
無借金ですから これが本当の 高利回りマンション経営となります
とにかく50年~100年間商品力を維持するが目標です

高級な石づくりの鉄筋コンクリート構造の
マンションをローコスの建築費で建築することが
高利回りの賃貸マンションを可能にします

玄関トリアノン

長期の耐久性 魅力ある商品力 メンテナンスフリー 
ブリックスハウスをご検討ください 
 
詳しくはブリックスハウスのホームページをご覧下さい
お気軽にお問合わせ下さい(設計・不動産・工務店等歓迎)

花赤いバラ10bara0016[1]
 ブリックスハウスとブリックスクラブ各社は 
東日本大震災の復旧 復興を全力で支援しています
http://www.brix.co.jp
KA外観

超耐久建築が求められています
200年建築として要求されている条件には
デザインの持続性があります 建物そのもののデザインのみならず 
街並みとしてのデザイン性も重要です
ヨーロッパの組積造の建築のように伝統を受け継ぎ 建物そのものとしても 
街の景観に対しても優れたデザイン性を持ち続けることが大切です

2つ目の条件は建物コスト及びその耐久性です
日本の住宅の平均耐久年数は26年と欧米の50年から75年に比べて短く
人の一生のうちに何度も建て替える必要となり
一生のうちの建物コストは膨大となります

また現在の住宅はいくら維持管理を行っても
建物としての資産価値は右下がりの急勾配で
下がっているのが目に見えています

3つ目の条件は 地球環境を守ることに寄与することです
木造住宅 または 鉄筋コンクリートの合板型枠など
現代の建築工法は木材資源を大量に使用する 
植樹による森林化計画も追いつかず 
世界中の森林資源は枯渇してしまいます
同時サイクルで発生する大量の産業廃棄物の山
すなわちゴミの山からは有害物質が地中へと浸透し
川や海へと入り込む このような悪循環は地球上の
生態系にも影響を及ぼすことになります

以上さまざまな面から考えて 合板型枠などを使用しない
世界特許のブリックスハウス 石造り鉄筋コンクリート建築工法は 
最良にして 無二の これからの建築工法といえます
ブリックスハウスをご検討下さい

 詳しくはブリックスハウスのホームページをご覧下さい。
日本全国、沖縄、離島も対応しております。
お気軽にお問合わせ下さい。
(設計・不動産・工務店等の法人歓迎)

ブロック工法とRC壁工法

ブリックスの建築は 石積みのデザインと 
ハンドメイドの施工法が
ブロック建築と似ているので間違われることがありますが
純粋の 現場打ちコンクリートの壁工法の建物です

現場打ちコンクリートは基礎から躯体まで
建物全体が一体化されたコンクリートで出来上がるため
耐震性に優れた建物です

ブリックスの自然石ユニットが型枠の役割をすることにより
一般の 現場打ちコンクリートの合板の型枠が不要となり
地球環境を保護したエコ建築で 外断熱工法の省エネ建築です

一般の場所打ち鉄筋コンクリートは直接外気に接しているため
コンクリートの アルカリ性が 中性化され 
建物の耐久性が大きく下がります

ブリックスの建物の外壁は 
天然石のユニットでおおわれている為
建物の耐久性を大幅にのばすことが出来る建築方法です

内壁ははシックイの塗り壁大理石等でできていて
室内温度を蓄熱するように考えられています

自然災害に強く 超耐久性の建築

ブリックスの建築

 


人気の高い設計とは 
最近では設計をコンペ式に選任することが多くなってきました

複数の設計者の中から一番好きな設計を 建て主が自ら選ぶ

一昔前には 建て主の話を設計者はある程度話を聞くがあとは
独断で設計をして決めていたものです 
そのスタイルの設計をしている 高名な先生も今でもいます

しかしながら 最近のコンペでは 
素人の建て主が 選考委員長ですから 
あまり施主に理解のできない様な 
設計は出来なくなりました

仕方なく 素人受けのする 
デザインを設計しなくてはいけません
設計者としては やりにくい時代になってきました

設計の仕事は再受注が とりにくい仕事です
形のないものを売りにしているからだと思います

ブリックスを使って設計をすることにより 
曲線や敷地にピッタリとした オリジナルの設計が出来ます

また外足場が不要ですから 
敷地にいっぱい建築が出来ます 
収支効率の高いマンションの設計もできます 
他の設計者との競合に勝つ可能性が高くなります

日本中 都心でも 離島でも
誰でもが 建てられる 
工法の特許を取得しました

建築資材の調達と建築コストを考えて 
石と砂利とセメントを主流にした 
コンクリート 壁工法です

この工法はそれまで木造など
コンクリート建築の経験のない工務店でも 

マニュアルさえ見ればすぐに
その日から施工でき
簡単で設備投資がほとんど不要です

都心の狭小地にも対応した
これからの日本の建築にあった建築工法です 

基本構造は鉄筋コンクリート壁構造で
地震や台風 津波にも負けない
火事にも強い 建物です

外壁が自然石なので メンテナンスが
基本的に不要です

ブリックスの建築