建築・不動産・設計の新情報

ブロック工法とRC壁工法

ブリックスの建築は 石積みのデザインと 
ハンドメイドの施工法が
ブロック建築と似ているので間違われることがありますが
純粋の 現場打ちコンクリートの壁工法の建物です

現場打ちコンクリートは基礎から躯体まで
建物全体が一体化されたコンクリートで出来上がるため
耐震性に優れた建物です

ブリックスの自然石ユニットが型枠の役割をすることにより
一般の 現場打ちコンクリートの合板の型枠が不要となり
地球環境を保護したエコ建築で 外断熱工法の省エネ建築です

一般の場所打ち鉄筋コンクリートは直接外気に接しているため
コンクリートの アルカリ性が 中性化され 
建物の耐久性が大きく下がります

ブリックスの建物の外壁は 
天然石のユニットでおおわれている為
建物の耐久性を大幅にのばすことが出来る建築方法です

内壁ははシックイの塗り壁大理石等でできていて
室内温度を蓄熱するように考えられています

自然災害に強く 超耐久性の建築

ブリックスの建築

 


人気の高い設計とは 
最近では設計をコンペ式に選任することが多くなってきました

複数の設計者の中から一番好きな設計を 建て主が自ら選ぶ

一昔前には 建て主の話を設計者はある程度話を聞くがあとは
独断で設計をして決めていたものです 
そのスタイルの設計をしている 高名な先生も今でもいます

しかしながら 最近のコンペでは 
素人の建て主が 選考委員長ですから 
あまり施主に理解のできない様な 
設計は出来なくなりました

仕方なく 素人受けのする 
デザインを設計しなくてはいけません
設計者としては やりにくい時代になってきました

設計の仕事は再受注が とりにくい仕事です
形のないものを売りにしているからだと思います

ブリックスを使って設計をすることにより 
曲線や敷地にピッタリとした オリジナルの設計が出来ます

また外足場が不要ですから 
敷地にいっぱい建築が出来ます 
収支効率の高いマンションの設計もできます 
他の設計者との競合に勝つ可能性が高くなります

日本中 都心でも 離島でも
誰でもが 建てられる 
工法の特許を取得しました

建築資材の調達と建築コストを考えて 
石と砂利とセメントを主流にした 
コンクリート 壁工法です

この工法はそれまで木造など
コンクリート建築の経験のない工務店でも 

マニュアルさえ見ればすぐに
その日から施工でき
簡単で設備投資がほとんど不要です

都心の狭小地にも対応した
これからの日本の建築にあった建築工法です 

基本構造は鉄筋コンクリート壁構造で
地震や台風 津波にも負けない
火事にも強い 建物です

外壁が自然石なので メンテナンスが
基本的に不要です

ブリックスの建築

船橋玄関i 100_7089

現在の建築の中では 鉄筋コンクリートの建物が
1番 地震や津波に強いことは 誰でもが知っています

しかし 鉄筋コンクリートの建物は
建築費が 高くまた 施工会社が少ないのが現実

そんな期待にに答えて 誕生したのが
ブリックスのRCU工法の建築です

価格は プレハブ住宅と 同じくらいの建築コストで
自然石の外壁の高級感を備えた 鉄筋コンクリート造

工場生産された 自然石付きの コンクリートパネルを
建築現場まで パレットで運ばれて ブロック状に組立て
多能工の 作業者が 積み上げて 生コンを流し込むと
躯体が完成する

鉄筋コンクリートの建物は 工事職種が
約 10 細かい工事を含めると 15種類あるが
ブリックス建築はそれらを 多能工 1職種で完成する
廃材もほとんど発生しない 完結型 施工法だ

同じ 建物を 造ると 建築コストは
150万円を超える ことは 確実です

ではなぜそんなに 安く 出来るのか

1、ブリックス多機能パネルの10の役割 ➡︎
1 型枠組立て 2 型枠解体 3 外壁石仕上げ 4内装仕上げ
5 鉄筋施工 6 ノンサポート 7 内外ピーコンバラシ
8 左官下地 9 外足場組立て 10 外足場解体
2、多能工1職種の工事費➡︎ 10職種が1職種に施工費の大幅な削減
3、工期の短縮➡︎10職種が1職種に大幅な短縮

以上が建築コストを下げる理由です


設備や 機能のデザインをできるだけ 
シンプルに システム化しました

これにより耐震性と耐火性に優れ 
外観のデザインも高級感のある
高品質な住宅をリーズナブルな価格帯で実現しています

またコンクリートの建物は 耐火性にも非常に優れています
コンクリートの建物は法定耐用年数が47年と永いのですが

ブリックスの建物は 更にそのコンクリートの躯体を 
天然石のパネルで覆うことにより 
耐久性を 大きく伸ばし300年建築を目標としています

軽量鉄骨の工業化住宅と比較しても 
各住宅性能を飛躍的に差別化しています
天然石のコンクリート住宅
ハイレベル ローコスト建築の 
ブリックスのRCU建築

日本国特許取得
20160430000246300.jpeg

壁概念図


建築コストが上昇しています
その原因は 税金の値上げ 震災復興など
建築の需要が高まっていることや
人出の不足 建築資材の高騰などが
重なって います

この様な建築コストの値上りの現象は
今後 益々 加速していくでしょう

その理由の一つに ベテランの職人が
定年退職して 職人の数が どんどん減っています
腕のいい職人は 団塊の世代以上の年齢が多く
高齢化しています

中でも大工職人が 中心の建築業界は
木造建築やRC 建築の型枠工事が
大きく影響します

将来的に見ていくと ベテランの大工を
必要としない 新しい 建築工法が
必要不可欠となります

そのような 期待で誕生したのが
ブリックスの建築工法です

内外装の仕上げが天然石でできている
ユニットを積み上げ コンクリートを
流し込むと
鉄筋コンクリート構造の建物が
内外装と共に 完成します

ベテランの職人が不要で
工事工程が半減します

これからの建築工法として
ブリックスの建築を
ご検討ください