建築・不動産・設計の新情報

挟小住宅の施工は外足場なしの施工 

挟小地住宅の施工は 建設地が狭く  
建物を最大限大きく建築するために
建物と隣地とは 
10センチ程度の隙間しかありません 
人が入る隙間はもちろん 足場の設置もできません 

建物の内側から 施工をしなければなりません 
また挟小地住宅は 鉄筋コンクリートの建物でなくてはいけません 
なぜなら 隣地内との隙間が10センチでは  
人が入ることも出来ないことから 
木造住宅などは数年ごとに錆び止めや 
ペンキ塗装のメンテナンスが必要となるからです 
錆びが発生しても 錆びをとめることが出来ません 
木造の塗装がはがれて 木が腐ってもどうすることも
出来ないのです  

人が入れる隙間がないということは  
仮に新築の建物は出来たとしても  
完成後に毎年のように必要な メンテナンスが出来ないと 
せっかく新築した住宅も 短い寿命となってしまいます 
挟小地の建物が鉄筋コンクリートでなくてはいけない理由があります 
それは隣地との隙間がほとんどない 
建物は耐火建築つまり 
鉄筋コンクリートの建物でなくては 
建築許可が下りません 
万一 火事が発生したときに 延焼してしまうからです 

以上の理由から 挟小地住宅の建物としての条件は 
1、鉄筋コンクリートの建築 
2、外足場を使用しなくても 内側から 施工できる建物 
3、メンテナンスの要らない建物 

以上の3つをクリアーした建物は
現代の住宅業界では 
見当たりません 
そこで登場したのが 世界特許を取得した 
ブリックスの 建築工法です 
1、 基本構造は 鉄筋コンクリートの壁構造の建物です 
2、 外足場不要の 内側から施工して 建物を完成します 
3、 外壁が天然石で出来ている メンテナンスの不要な建物です  

今までにないこの建築工法を是非この機会にご検討下さい 
現在 工務店 設計事務所 不動産会社などの 提携店の募集中です

関連記事
 

貸し駐車場の空きが 目立って増えてきました 
今の若い人は 昔の様に車を欲しがらないようです 
また 最近はガソリンが高騰していて 
あまり車に乗らなくなっています 
そこで最近はカーシェアリングが増えてきていて
 車を持たずに 使うときだけ 借りるという 
時代になって来たのです 

同じ土地を持っていても 貸し駐車場にしていると
空き地にしているのと同じで 100パーセントの税金がかかり 
一番税金が高いのです 
また相続税などが発生したときは 
100パーセントの課税が掛かります 
同じ土地でも住宅などを建てると税金が半減します 更に 
その住宅を貸していると 
更に半減します 最近では 狭小地に時間貸し駐車場が 
目に付きます 自動車が1台とか2台と言った小さな土地だから駐車場しか 
利用価値がないからと 
駐車場にしているようです 余っているからといって駐車場にしていると  
多くの税金を支払うことになって 不経済です 
 
そんな 小さな土地でも 車が1台しか駐車できない土地でも 
ブリックスのゼロ工法なら 賃貸住宅が建てられます 
ブリックスのゼロ工法は狭い敷地に 隙間を空けること無く 
敷地いっぱいに建物を建てることが出来ます 
一般的に建物は外側から足場を組み 建築していきます したがって 
建物の外側に人が入るだけのスペースが必要となります 
ブリックス建築は建物の内側から施工するため外側には 
施工スペースが不要となり 隙間がゼロで済みます 
たとえば土地が5坪の土地でも 
施工面積が5坪の建物が可能です 階数も壁工法で5階まで 
ラーメン工法ではそれ以上の階数が建てられます 
今まであきらめていた狭い土地でも 貸し住宅が可能です 
ブリックス建築は100年建築を目指していてメンテナンスもフリーです 
いろいろな税金が半減して 長期の安定した貸し住宅の経営をしてみましょう 
狭い敷地の プランニングから 30年間の収支計画書 などの 
お手伝いを致します 貸し住宅は 余分な経費や 
借り入れの融資金額を抑えて 返済金額を少なくすることが 
一番大切なことです  また 持っている土地を最大限 
有効に建物を建てることも重要です 建築の工法によっては 
10パーセント以上 敷地を無駄にした計画があります 
高い土地の資産価値を生かした 有利な計画をお勧めします 
是非 ブリックスへご相談ください   
 
関連記事
今建築の外壁に1番使われているのはサイディングというセメント質と繊維質を主な原料とした板状の建材です 建物の外壁に貼り付け シーリング材でつないでいきます これが劣化すると雨水が壁の中に入り 劣化を加速させます   耐久性は7〜10年位です 定期的に補修が欠かせません 建物の寿命を決定するのが 外壁材です 外壁の建築材料の中で1番耐久性の長いのは天然石で数100年以上です ヨーロッパの石造り建築は数世紀健在です 中でも 花崗岩は緻密で硬いことから 日本では古くから建築の石材として使用されてきました建物としては 国会議事堂の外装など日本国産の御影石で出来ています 御影石の特徴は 建築の内外装の化粧材として 壁や床 その他 墓石はほとんどが御影石で作られます 御影石は 耐久性 耐摩耗性 風化に強く 磨けば光沢があり美しい材料です  御影石は 成分に磁鉄鉱を含むものが多く マイナスイオンを発生し 抗菌や防腐の効果があり エジプトのピラミッドのミイラが保管される部屋は 御影石が使われいることでも有名です 御影石は マグマが冷えて固まった岩石が地中で徐々に冷却固結したものです 御影石の表面の仕上げ方法 には 磨き仕上げには 本磨き 水磨き バーナー サンドブラスト 割り肌 などがあります 建物の外壁では王様です 建築費も高価で一般建築では実際あまり見かけません ブリックス建築は御影石を外壁の標準仕様としています

image_20130619081808.jpg

image_20130619081809.jpg


ものを購入する時 少しでも良いものを
安く買いたいと思うのが 人の心理です
日本人は 世界でも ブランド品を 好む人種です

中国製などの 粗悪品を 避ける傾向にあります
そんな日本人が 選ぶ 住宅は 木造住宅の家です

日本の気候風土にあう こともあると思います
そして 木造以外の 住宅の工法の選択肢が少なく

鉄筋コンクリートの住宅を建てる
建築会社が少ないこともあります

鉄筋コンクリートの住宅を建てる人は
全体の数パーセントしかいません

これだけ 地震や 津波や 竜巻などの
被害にあっていても
建て替えて 建てるのは また 木造の住宅です

コストパフォーマンスで考えると
住宅の寿命は 木造とコンクリートを比較すると
2倍以上の差があります

仮に同じ価格で購入した場合
寿命の長い コンクリートの建物は
木造の半分のコストで建てられることになります

その他の耐火性能や 耐震性などの各性能も
大きく 性能に差が出ます

特に マンションなどの 長期耐久商品では
コンクリートの建物の方が コストパフォーマンスが
大きく有利となります

更に ブリックスの建築工法で
外部に使用されている 仕上げは
本物の御影石で 半永久的の耐久性があります

ブリックスの外断熱RC建築をご検討ください


お問い合わせはこちらをクリック!

よろしければクリックお願い致します。
人気ブログランキングへにほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ 
にほんブログ村 
にほんブログ村 住まいブログへ 
にほんブログ村

ブリックス鉄筋コンクリートRCU建築

あなたの希望にあった 建物を提供します

挟小地 旗ざお地 傾斜地 など 敷地を選びません

間口 2.6mの家 少し極端かも知れませんが
実績があります

どんな敷地にも対応できます 

住むひとの個性に合った住宅が 今求められています

構造耐久性に優れた 鉄筋コンクリート建築は 200年建築の

前提となりますが 単に長持ちするだけの 耐久性では

真の200年建築とは 云えません

必要なのは 自分にあった 居住性 機能性 快適性 メンテナンスフリー

環境に合った そこに住む人と家との 調和性が大切です

木造住宅やプレハブ住宅には 構造上不可能な 立地条件でも

地下室から 地上5階建ての建築が 無足場で建てられます

ブリックスの石造り鉄筋コンクリート住宅は

そこに住む人たちの いろいろな住まい方にも 対応できます

単身シンプルハウス 2世帯住宅 3世代住宅 老人ホーム 保育所

グループホーム タウンハウス マンション 公共施設等

言うなれば どんな住みての人にも対応できる

不特定多数のための建築工法です

ブリックス鉄筋コンクリートRCU建築

外観casadAnge2la
関連記事
世田谷外観

これからの日本の建築新工法

地震や津波 台風や土崩れなど

今の日本の住宅は 自然災害に弱いと思います

災害に強い住宅をつくって

日本を守って欲しいと 思いませんか

それには厳しい言い方ですが

在来の木造住宅では難しいと思います

東日本大震災の津波などを見ると自然災害からは

やはり 木造住宅では守れないと思います

そこで提案ですが 鉄筋コンクリートの

新工法のブリックス建築を 検討してみてください

この工法は 鉄筋コンクリート構造ですが

今までコンクリートの工法を1度も経験したことがなくても

誰でも 簡単に施工ができます

設備投資も簡単で 費用はほとんどかかりません

専門知識も 簡単なマニュアルをすぐに覚えられます

是非この機会にブリックスをご検討ください



マンション経営 不動産活用


高利回りのマンション経営の基本は 魅力のあるプランニングです

いかにその土地を効率よく 賃貸面積を確保した 建物ができるか 

効率の良いプランニングと 商品的な魅力のある建物を

いかに建築コストを抑えてできるかです

外観casadAnge2la

そして入居者に人気のある 魅力的な部屋の間取りができるか

できる限り 一般によくある 同じ間取りにしないことが原則です

ホール100_8448

なぜなら 同じ間取りの部屋であれば 入居者は 新しい建物を選びます

これからは個性のある 特徴を生かした 魅力のあるマンションでなければ

勝ち残ってはいけません

またその建物が長期的に見て 商品力が落ちずに

最低でも50年、できれば100年位持続していきたいものです

高利回りになるのは ローンを完済した 30年後からです

無借金ですから これが本当の 高利回りマンション経営となります

とにかく50年~100年間商品力を維持するが目標です

高級な石づくりの壁厚の コンクリート構造の

マンションを有利なプランでで建築することが

高利回りの賃貸マンションを可能にします

玄関トリアノン

長期の耐久性 魅力ある商品力 メンテナンスフリー 

骨太250 壁厚 ブリックス建築 をご検討ください 

  
骨太250壁厚 ブリックス建築のホームページもご覧ください